Videotogif

全ての企業、組織、ビジネスパーソンがデータを活用しビジネスを成長させるプラットフォーム。

データをビジネスに活用するロードマップ

Step1 可視化

ガートナー社の調査では、日本国内でBIツールの導入企業数は年々増加する中で、多くの企業で利用率は低いままとなっています。如何に優れたBIツールでも初めの設計やダッシュボードを作る際に大量のリソースを使わないと活用できないのでは意味がありません。

まずは最高のBIツールを使うだけではなく、長年世界中の最先端テクノロジーを活用してマーケティングのご支援してきたギャプライズのノウハウを活用し、誰でも簡単に時間をかけずに可視化を行えるソリューションとしてGIASを提供しています。

20210603
図1-1

Step2 データのビジネス活用

Sisenseは見栄えではなく、アクションに繋がる様々なトリガー、高度なAI技術、堅牢なCloudServer、独自技術のデータ処理に強みを持ち、仮想空間でのノーコードでのデータマートなどが標準機能で活用できるため、どれだけ大容量のデータを、多様なソースから取得し、同時に大量のユーザーがアクセスしてもハイパフォーマンスな状態をキープしアクションにつなげることでビジネスの成長を支えます。

Step3 データのマネタイズ

Sisenseは豊富なAPIと様々なサービスにあらゆる形で組み込み(Embed)を行う事に特化しており、膨大に溜まったデータを活用しマネタイズを行う事を強みとしています。

既に海外では一般的になったEmbed Analyticsを活用し社内外のデータをマネタイズしましょう。

Product-Environment_7

Step4 Infused Analytics

使用する人に依存せず、ワークフローに組み込まれ意識せずとも分析を行える

業務と分析を同化させた全く新しいソリューションです。