Sisense日本公式ブログ

「Infused Analytics」全く新しい第三世代BIツール

最新記事

カテゴリータグ
マーケティングチーム
By
2021年08月21日

【Sisense使い方】MTD値、QTD値、YTD値の説明

  Sisense


Sample

時系列でのトレンドを確立するために月単位・四半期単位・年度単位など様々な期間の区切り方で分析をされることはありませんか?例えば、あるサービスを利用した人の数は、去年の同時期と比べて今年は何人だったのか?売上高は月ごとにどのように増加しているか?今期のコストは、前年同期の同じ期間でのコストと比べてどうだったか?

 

これらの情報を掘り下げるためには、BIプラットフォームでMTD、QTD、YTDの値を適切に利用する必要があります。

その方法を紹介する前に、それぞれの用語の意味を説明します。

 

MTDとは?

MTDとは、"month to date "の略です。これは、今月の初めから現在までの期間です。ただし、今日の日付はまだ完了していない可能性があるため、これは含みません。MTDは、特定の活動やキャンペーンの結果など、特定の期間に関する情報を提供するために使用します。

 

つまり、今日の日付が7月20日であれば、MTDは7月1日から7月19日までの期間の活動やデータを対象としています。

 

QTDとは?

QTDは "quarter to date "の略です。使い方はMTDとまったく同じですが、この四半期の開始から現在までの期間を表しています。ただし、注意が必要なのは、これが暦上の四半期を指す場合と、会計上の四半期を指す場合があることです。

 

YTDとは?

YTDとは "year to date "の略で、今年の初めから今日までの期間を意味します。繰り返しになりますが、あなたの会社が暦年なのか会計年度なのかを確認してください。

 

なぜこれらが有効なのか?

例えば、あなたがある病院で働いていて、今月の需要に対応するための人員が不足しているのではないかと懸念しており、追加支援を行うかどうかを検討する必要があるとします。

 

これが正しいかどうかを把握するために、病院の実績を調べ、今月のこれまでの入院数と先月のこの時点までの入院数を比較して、今後の入院数を予測し、準備することができます。

 

MTD/QTD/YTDを計算するにはどうすれば良いのか?

Sisenseを使ってこれを計算できるダッシュボードを構築する場合は、Elasticubeの日付ディメンションに入り、比較したい期間に応じてisMTD、isQTD、isYTDを選択する必要があります。

必要な定義にフラグを立てると、説明に合ったデータには "1 "が、これに当てはまらないデータには "0 "が付きます。これは日付ディメンションdm_dateを使用して結果を生成することに注意してください。

 

そして、各四半期からその年の現在日まで(含まない)の日付のみが選択されます。例えば、今日が7月20日であれば、前年の7月1日から19日までのアクティビティのみが考慮されます。

 

ここでは、この定義がQTDを計算する際にどのように表示されるかを確認できます。

 

以下では、それがSisenseのダッシュボードにどのように反映されているかを見ることができます。

 

このグラフは、現在の日付(ここでは2013年7月20日)までのコストと入場者数を月ごとに比較したものです。

ご覧の通り、「1」にはチェックが入っておらず、「0」にもチェックが入っていないので、それぞれの月のMTD値のみを見ていることになります。

 

「0」と「1」の両方にチェックを入れると、その月の合計数値がどのように上昇するかがわかり、その月の総入場者数を予測するのに役立ちます。

一方、「0」だけをチェックすると、今までの月以外の日付が表示されます。つまり、今月は何も表示されませんが、前月の20日以降の入学者数の割合を一目で確認することができます。これは、人員リソース計画を立てる上で非常に重要な情報となります。

 

最終的な感想

MTD、QTD、YTDはいずれも、トレンドを把握し、将来の行動、要件、問題を予測するのに役立つ重要なツールです。

 

これらの計算で得られる情報は、リアルタイムで問題が発生していることを発見したり、販売注文を早めにキャンセルしたり、需要の増加に対応するためにいつリソースを割り当てる必要があるかを把握したりするのに役立ちます。

 

これらのリアルタイム機能を使用することで、過去に遡った分析から脱却し、実際に役立つ時間枠で必要な洞察を得ることができます。現状を評価するために今年が終了するまで待つ必要はないのです。これは、リソースや財務の計画、プロジェクト管理、そして最終的な利益のために非常に重要です。

 

Sisenseは無料版も提供していますので是非最先端の第三世代BIツールに触れてみてください。

 

※本記事は、「MTD, QTD, and YTD Values Explained」を翻訳・加筆修正したものです。

Whatagraph_banner1

 

monday_banner

 

Powtoon_banner

 

BUY On HUBSPOT