Sisense日本公式ブログ

「Infused Analytics」全く新しい第三世代BIツール

最新記事

カテゴリータグ
マーケティングチーム
By
2021年08月30日

LogicBay社がエンベデッド型の分析で重要な指標を計測した事例

Modern notebook computer with future technology media symbols

LogicBay社は、高度な設定が可能なチャネル管理ソリューションを提供し、お客様がパートナー販売(間接販売)チャネル全体を追跡することを可能にしました。

アプリケーション内の各ビューは、階層的な組織構造に基づいて動的に更新され、ユーザーの役割や管理上の見落としに基づいて、それぞれのユーザーに最も重要なインサイトを提供します。

また、この技術は、幅広い活用事例をカバーする複数の情報源からデータを収集します。

ロジック、セキュリティ、データ、デプロイメント、カスタマイズなど要件が複雑であるにもかかわらず、LogicBay社はアナリティクスをアプリケーションにシームレスに組み込み、データや指標の可視性を高めることで、お客様のパフォーマンスや収益性の向上に貢献しています。

 

LogicBay社について

LogicBay社のテクノロジーは、販売ルートのライフサイクル全体を支援します。セールスパートナーの募集やオンボーディングから、重要な指標のモニタリングとレポーティングを含むパートナーのグローバルネットワークの管理に至るまで、高度に統合されたテクノロジープラットフォームと独自の方法論を組み合わせることができます。それにより、企業が販売ルートを構築・拡大し、最適化することを支援し、全体的な顧客の成功を促進します。

 

LogicBay社の技術とサービスは、Caterpillar、Daimler Trucks North America、Hyster-Yale Groupなど、世界の多くの大手企業に実に大きく、一貫した価値を提供しています。

 

10年以上にわたる専門知識により、同社の技術は大きく進化し、180カ国以上の225,000人以上のユーザーと11,000社のパートナーに提供されています。LogicBay社の顧客の活動が拡大するにつれて、彼らのサービス提供領域も拡大しました。現在では事業会社や代理店だけでなく、卸業者、学校、業界団体、顧客などにもサービスを提供できるようになっています。

 

BIとアナリティクス

間接販売の収益構造を管理する上での重要な課題は、販売パートナーとそのパフォーマンスを組織レベルおよび個人レベルで支援することです。さらに重要なことは、チャネルパートナーのマネジメントチームに、製品の販売とサービスに関するパフォーマンスや、利益を最大化するための情報とインサイトを提供することです。

 

LogicBay社のテクノロジーは、データを顧客の手元に置くように設計されています。LogicBay社のプラットフォームでは、間接販売の収益構造に関連するすべての情報を一元管理する保存場所として複数のソースからデータを収集し、販売チャネルの各メンバーの役割に応じて設計されたダッシュボードの形式でデータをパッケージ化します。

 

"お客様からは、質の高いデータにリアルタイムでアクセスできることが必須条件であるとの声をいただいています。また、販売チャネル全体のパフォーマンスを測定するためには、職務別、地域別、チーム別、プログラムタイプ別など、セグメント化された情報を提供することが重要です。Sisenseをパートナーに持つことで、これらのニーズを確実に満たし、全体的な顧客満足度を高めることができます。"

- LogicBay、CTO、Dave Goulet氏

オーディエンス

各分析レポートは、主にマネジメントに焦点を当てた階層構造になっています。例えば、各ユーザーは自らが管理するチームの情報のみを見ることができます。例えば売上や、個人またはアクティビティベースのその他のパフォーマンス指標(ログイン数、リソース使用率、コース修了数)などです。

 

例えば、事業会社のチャネル・マネージャーは、チャネル内のすべての組織を含むすべての情報にアクセスできますが、代理店のセールス・マネージャーは、特定のパートナー組織に適用されるデータのみに限って、同じレポート機能にアクセスできます。マネージャーは、パートナーレベルであっても、自分のチームが様々な指標でどのようなパフォーマンスをしているかを即座に確認することができます。LogicBay社は、エコシステムの追加メンバーにレポートアクセスを許可する機能を、ベンダーや販売パートナーだけでなく、サプライヤー、顧客、ブランド、従業員にも提供しています。

アナリティクスの導入要件

・柔軟性:LogicBay社は、高度な設定が可能なソリューションを顧客に提供しています。そのため、顧客の多様な要求に応えることができる柔軟な分析ソリューションが必要でした。

 

・セキュリティ:LogicBay社は、すぐに使える汎用ダッシュボードのセットを開発したいと考えていましたが、顧客ごとにカスタマイズできる柔軟性も必要でした。そのため、すべての顧客に1つの基本セットのダッシュボードを提供し、付加的な作業や時間ネストかを削減するために、ログインしているユーザに基づいてデータモデルを切り替えるだけでなく、階層的およびネスト化されたセキュリティ要件を処理する堅牢なセキュリティを確保する必要がありました。

 

・異なる種類のデータソースからシングルテナントに集約するデータモデル:LogicBay社は、マルチテナント型のデータベースと、特定の顧客のためのシングルテナント型のデータベースの両方にデータを持っています.このため、LogicBay社は両方のモデルを扱う柔軟性を必要としていました.

ソリューション

顧客向けビジネスアプリ内でのアナリティクスへのアクセス:

クライアントは、自らのクライアント用に設定されたダッシュボードのメニューを介してアナリティクスにアクセスします。ダッシュボードのドロップダウンリストでは、LogicBay社アプリの他のウィジェットと同様に、完全に権限が設定されています。各ユーザーは、自分の職務にとって何が重要かに基づいて、LogicBay社のウィジェットやアナリティクスダッシュボードのカスタマイズされたビューを見ることができます。これらの分析結果は、iFrameを介してLogicBay社アプリケーションに組み込まれています。

 

管理者は、管理コンソールを使ってユーザーの表示内容や操作内容を設定できます。これにより、LogicBay社はお客様に提供するサービスに非常に大きな柔軟性を与えています。

アナリティクス導入モデル

AWSでのホスティング

・LogicBay社は、データベースからSisenseのコア技術まで、技術スタック全体をAWS上でホストしています。

 

・LogicBay社は、数年前にデータセンターの自営サーバーからAWSへの移行を選択しました。その理由は、AWSが提供する柔軟性とコスト削減により、ニーズに応じてリソースを拡張し、サーバーを展開するスピードが速くなったためです。

 

ハイブリッド分析展開モデル - Single-Stack™と可用性が高いホスト

・ハイブリッドなデータソースと独自の顧客要件のため、LogicBay社の顧客の中にはSingle-Stack™ Sisenseを導入した専用環境を持っている人もいれば、メインのマルチテナント・インスタンスで運用している人もいます。

 

・LogicBay社のアナリティクスサービスは、1台のビルドサーバと2台のクエリサーバを備えたSisenseの可用性の高いセットアップとして構成されています。

 

・LogicBay社はSisense Orchestratorを使用してビルドを実行し、スケジュールとログの管理を強化しています。

データベースの種類

・LogicBay社のデータは、主にAWS上で動作するPostgreSQLデータベースに格納されています。

アナリティクスのデータモデル

LogicBay社は各インスタンスのデータを、約3つのSisense ElastiCubes(データモデル)に取り込みます。

 

各データモデルは、データセットの複数のコンポーネントを包含しています(つまり、サーティフィケーションの完了やアクティビティの進捗、ディールなどの1種類のデータだけではなく、それらすべてをまとめています)。LogicBay社では,主要なデータモデルにキーテーブル設計アプローチを採用しています。

セキュリティのプロビジョニング

ユーザがアナリティクスにアクセスするとき、最初の重要なステップは認証とセキュリティをチェックすることです。LogicBay社はSSOとSisense REST APIを使ってユーザを認証し、システムへのアクセスを提供し、セキュリティを設定します(アクセスと行レベルのセキュリティの両方です)。アプリではユーザーがすでにSisenseに存在しているかどうかをチェックします。存在していない場合はユーザーを作成し、親アプリケーションの権限に基づいて、Sisense内の適切なグループにユーザーを配置します。

 

Sisenseのユーザーグループは各ユーザーがアクセスできるデータモデル(通常は組織に関連する3つのデータモデル)を決定します。

階層的なセキュリティの権限設定

アクセス権が確定したら、次は行レベルのセキュリティを設定し、各ユーザーが自分に許可されたデータのスライスのみを見ることができるようにします。

 

階層的な組織構造は、セキュリティの権限設定を正しく行うための重要な基準となります。例えば、あるユーザが最上位の組織を管理している場合、そのユーザはその組織以下のすべてを継承して管理することができます。

 

LogicBay社は、Sisenseのデータモデル内にユーザー階層を構築し、各ユーザーがアクセスできる最下層の階層にマッピングすることで、この要件に取り組みました。

 

Sisense REST APIを使用して、ログインした各ユーザに行レベルのセキュリティが設定され、データモデルの階層を下ってファクトテーブルにも適用され、各人が自分に許可されたものだけを見ることができるようになっています。

カスタマイズ

1. セキュリティに応じたコンテキストの切り替え - データビュースイッチャー (MyTeam Plugin)

データモデルの設定とセキュリティ要件により、ユーザーがログインしてダッシュボードにアクセスすると、2つのステップが必要になります。

 

・第一に、ダッシュボードではユーザーがアクセスできるデータモデルを指し示す必要があります。

 

・第二に、管理者の合意に基づいて、ユーザーがアクセスできるデータモデルを切り替えられるようにする必要があります。

 

LogicBay社はPaldi Solutions社と共同で、これら2つのシナリオを処理するために、Sisense JavaScript APIとPlugin Framework上にカスタムデータビュースイッチャー(またはMyTeam Plugin)を構築しました。

 

ユーザーがダッシュボードを要求すると、MyTeamプラグインはダッシュボードのデータモデルを動的に切り替え、ユーザーがアクセスできるデータモデルを指すようにします。

 

また、ログインしているユーザーに基づいて、このプラグインはダッシュボードの上部にトグルオプションを表示し、エンドユーザーがデータモデルを切り替えて異なるビューを得ることができるようにします。

 

また、MyTeamプラグインは、ダッシュボードが接続されているデータモデルに基づいて、フィルターを切り替えます。

2. フィルター・クエリ・チェンジャープラグインによる複雑なデータの処理

LogicBay社のデータでは、「ロケール」と「セグメント」という 2 つのパラメータに基づいて、いくつかのディメンションが多重化されていました。ユニークなキーは、ディメンションID、ロケールID、およびセグメントによって識別されます。特定のユーザーに基づいて、各ディメンションを特定のロケールとセグメントに絞り込んで、ユニークで正しい値を得る必要がありました。

 

フィルター・クエリ・チェンジャーカスタムプラグインは、ランタイムにクエリを修正し、ユーザーのロケールとセグメントに基づいて追加のフィルタリングを行い、ディメンションをユニークな値に絞り込み、正しい結果を得ることができます。

3. Jump to Dashboardプラグインのカスタマイズ

LogicBay社は、Sisense Jump To Dashboardアドオンを自社のニーズに合わせていくつかカスタマイズしました。主な変更点は、JumpToDashに渡されるデータソースが正しいもの(ユーザーがアクセスできるもの)であることを確認することでした。加えて、いくつかの外観上の変更も加えられました。例えば、JumpToDashの代わりに " 詳細を見る "と表示されています。また、モーダルウィンドウを閉じるための「x」が追加されました。

4. JumpToPage - 統合ワークフロー

アナリティクスを運用アプリに結びつけるために、LogicBay社は「JumpToPage」と呼ばれるJumpToDashを二次的にカスタマイズしたものを作りました。ユーザーがデータに深く入り込んで何かアクションを起こしたくなったとき、JumpToPageによって、ユーザーは適切なコンテキストを伝えられた上で、LogicBay社アプリケーションにジャンプすることができます。

5. ダッシュボードレポートのスケジュール設定プラグイン

ユーザーが、自らが所有していないダッシュボード上で他の人のためにレポートをスケジュールできるようにするために、LogicBay社はダッシュボードのコピーを取りユーザーが他の人のためにレポートをスケジュールすることを可能にするプラグインを構築しました。適切な役割を持つ上位の権限をもつユーザー(マネージャー)はプラグインをクリックするとダッシュボードのコピーへのリンクを持つモーダルウィンドウが開きます。

 

モーダルウィンドウは、スケジュールされたダッシュボード・タイルのランディング・ページ(Pulseのランディング・ページのようなもの)に移動します。この操作ができるのは、適切な役割を持つ上位の権限をもつユーザー(マネージャー)のみです。

6. カスタムUIカラーによる一貫したブランド体験の提供

クライアントにカスタマイズされたユーザーエクスペリエンスを提供するために、LogicBay社はSisenseダッシュボードのフィルター、値、チャートなどの色をクライアントのブランドカラーに変更しています。

7. 詳細なコンテキストのためのディスプレイ・サーバー・プラグイン

ユーザーにより多くのコンテキストを提供するために、LogicBay社はプラグインを構築し、マウスオーバー時にデータがどこから来ているか、そして構築時間を示すサーバーを表示しました。

組み込み型のアナリティクスのサポートプロセス

データ製品を成功させるために必要なのは、単に製品を作って発売することだけではありません。組み込み型アナリティクスの導入を成功させるためには、継続的な価値を提供し、顧客への導入を促進するために、適切なサポートプロセスを導入することも重要です。

 

LogicBay社内のサポートチームは、この製品に関する第一段階の質問や問題を処理します。また、お客様との最初のオンボーディングも担当します。より深い技術的な質問や問題は、開発チームに引き継がれます。サポートチームは、ビデオ(フィルタリングやエクスポートの方法)などのドキュメントやコンテンツの作成も行います。

 

すぐに使い始められるダッシュボードに加えて、必要であればLogicBay社は場合によりカスタムダッシュボードを有料で構築します。

 

大規模なクライアントでは、ユーザーが自分たちでトレーニングも行う場合もあります。LogicBay社はトレーナーを育成し、クライアントは組織内のエンドユーザーのトレーニングを担当する体制を取ることが、採用率と成功率を高める強力な方法です。

まとめ

Sisenseの柔軟なデータ・モデリング・レイヤー、REST API、JavaScript APIによるカスタマイズ機能を活用することで、LogicBay社は階層的なデータ・セキュリティ要件、カスタマイズ・ニーズ、デプロイメント・アーキテクチャ・ニーズを満たすことができました。

 

Whatagraph_banner1

 

monday_banner

 

Powtoon_banner

 

BUY On HUBSPOT