Sisense日本公式ブログ

「Infused Analytics」全く新しい第三世代BIツール

最新記事

カテゴリータグ
マーケティングチーム
By
2021年08月30日

Luzern社がSisense BloXを活用してカスタマーエンゲージメントと定着を促進した事例

 

Luzern社は、テクノロジーと専門知識を活用して、世界中の主要ブランドのためにAmazonでのマーケットプレイス販売を結びつけ、市場を盛り上げています。同社のプラットフォームを通じて、複数のチャネルやシステムから収集された豊富なデータに基づく実用的なインサイトを顧客に提供しています。

 

継続的なイノベーションを支援し、エンゲージメントと定着性を高めるために、LuzernはSisense BloXを活用して、UIが優れた実用的な分析アプリの開発を実現し、最もシームレスで魅力的なユーザー体験を顧客に提供しています。

Luzern社について

Luzern社は、世界中のブランドのAmazonでのマーケットプレイス販売を結びつけ、市場を盛り上げています。Luzern社は、Eコマースアクションを構築、分析、実行することで、クライアントのブランドの位置づけと利益率の向上を支援しています。Luzern社のプラットフォームと技術的な専門知識は、Philips、Nestle、JDE、Blackberry、PetSafe、Turtle Beachなどの大企業や中堅企業のオンライン収益を劇的に増加させています。

 

Luzer社nのeコマースプラットフォームであるChannel Optimizer(CO)は、すべてのオンラインチャネルで売上と利益を高い独自性で最大化することができます。COプラットフォームを利用することで、ブランドは在庫、デジタルアセット、価格の詳細を追加してから数日以内に数百万人の新規顧客を獲得することができます。

その後、Luzern社は主要な指標を継続的に測定し、達成された結果が期待と一致しているかどうかを確認します。

 

この測定の一環として、Luzern社は顧客が製品や競合他社に特有の何千ものデータポイントを特定し、収集することを支援します。さらに、ブランドやバイヤーに特化したデータサイエンスとアルゴリズムを適用することで、より多くの販売を可能にし、マージンを最大化しています。セルフサービスのダッシュボードを使用することで、お客様は独自性高くパフォーマンスと効果をモニターすることができ、Luzern社のプラットフォーム自体が生み出す価値を直接理解することができます。

 

Luzern・プラットフォーム

LuzernのCOプラットフォームは、クライアントにデータ提供と優れたカスタマイズ性を提供しています。

・Amazonチャネルをより良くコントロールする:

COプラットフォームとSmart Play機能により、お客様はAmazonの1P(小売)および3P(マーケットプレイス)における販売価格、在庫、セラープロファイル、品揃え戦略を最適化することで、Amazonチャネルをより良くコントロールすることができます。お客様は、Smart Playsを利用して、ヘルスチェック、Amazon広告、販売ランク、フィードバックの管理を行い、売上とマージンを最大化することができます。

・グローバルの消費者に直接販売することができます:

COプラットフォームとSmart Playsを利用することで、複数通貨でのチェックアウト、マーチャント・オブ・レコーディング、カート放棄、コンバージョンの向上、SKUレンジング、カスタマージャーニー、パーソナライゼーション、国別価格、ローカライズされたストアレコメンデーションなど、様々な対応が可能になります。

 

・Amazon広告の最適化:

Luzern社は、CTR、コンバージョン率、CPC、ROAS(Return on Ad Spend)、Advertised ASIなど、キーワードレベルまでのフルファネルのアトリビューションとレポートを提供します。

Luzern社での組み込み型アナリティクス

実用的なインサイトは、重要な礎となっています。Sisenseをホワイトラベル化してCOプラットフォームに組み込むことで、Luzern社は以下のような幅広い指標をカバーする複数のダッシュボードを顧客に提供しています:

 

・売上と収益

・フルフィルメントのリードタイム

・オーダーバックログ

・顧客サービス

・在庫管理

・エグゼクティブサマリー

・その他のオペレーション指標(例:オーダーディフェクト(Order Defects))について

次の一歩を踏み出すための BIの実用化

Luzern社は、お客様に価値を提供するためのイノベーションエンジンと継続的なミッションの一環として、既存のダッシュボードを変革し、新しいダッシュボードを再考しています。その目的は、ダッシュボードをビジネスアプリケーションのようにして、ユーザーがダッシュボードから離れることなくアクションを起こせるような、高度に視覚的でインタラクティブな要素を持たせることです。

 

Luzern社はSisense BloXを活用してこの次のステップに進み、従来のダッシュボードを超えることを目指しています。

 

Sisense BloXはSisenseのツールセットで、完全にカスタマイズされた、美しく、実用的な分析アプリをローコード環境で構築するために活用できます。Sisense Bloxは、レンダリング・レイヤーには人気のUIライブラリであるReactのパワーをKPIやメトリクスにはパワフルなSisenseの分析データ・エンジンを組み合わせています。

アナリティクスからアクションを起こす。ダッシュボードから直接広告キャンペーンを一時停止する

Buy Box Analysisダッシュボードでは、お客様がAmazon広告にかけたマーケティング費用を確認することができます。上部には、支出の統合ビューが表示され、地理、商品、キャンペーン、広告グループなどの複数のディメンションに基づいて、支出の一側面を切り出したり、絞り込みをすることができます。ダッシュボード上では、詳細な分析が必要な広告やキャンペーンを直接絞り込むことができます。興味のある要素を右クリックすると、さらに掘り下げることができます。

Sisense BloX ActionのJumpToDashは、ユーザーをダッシュボードに導き、キャンペーン数、広告数、SKU、消費額、GMV Booked、ACoS%などの指標を持つSisense BloXウィジェットに関連広告を表示します。

ダッシュボードでは、その広告を成功したとマークしたり、ウォッチリストに入れたり、Amazonでアクションを起こして広告を一時停止したりすることができます。

 

この機能がない場合、データに基づいたアクションを起こすには、画面ベースのデータ入力フォームを使った退屈でリソースを必要とするプロセスになります。一般的に、これらの変更は広告ごとに行うか、Amazonジオスごとに異なる要件を含む事前に入力されたファイルテンプレートを使って一括アップロードする必要があります。一方、Sisense BloXでは、エンドユーザーはアクションが必要なポイントに焦点を絞り、アナリティクスのコンテキストを離れることなく、簡単かつ迅速にアクションを起こすことができます。

ダッシュボードをカスタマイズして見た目を良くする

アクションに加えて、Luzern社はいくつかの見栄え的な理由でダッシュボード全体にSisense BloXを活用しています:

出荷保留中

その代表例が、フルフィルメントフロアで活用されている、保留中の出荷を追跡するためのダッシュボードで、チームは保留中の出荷ダッシュボードをフルフィルメントフロアのテレビ画面に表示しています。Sisense BloX は、バックログ、出荷済み、保留、最も古い注文の年齢などの主要な指標を強調するために使用され、出荷チームが保留中のリクエストを簡単に把握できるようにしています。

 

モバイル対応に特化したエグゼクティブサマリーダッシュボード

Luzern社は、今日の予約額($)、時間帯別平均値、トップセールスSKUなどのハイレベルな指標をハイライトするサマリーダッシュボードを提供します。ダッシュボードは、通常モバイル機器のEメールで利用されます。

よりリッチでモバイルフレンドリーなUXを構築するために、Luzern社はSisense BloXを活用して、カスタムのインジケータスタイルのウィジェットを備えた2カラムのダッシュボードを構築しました。モバイルで見ると、この2列のダッシュボードは、その日の主要なハイライトを掲載したページに変わります。

 

カスタムコンペティショントラッカーで社内の仲間意識を高める

社内の仲間意識を高めるには、切磋琢磨することが大切です。Luzern社では、誰が一番多く歩いたかを競う「ステップチャレンジ」を実施しています。アプリケーションは、測定基準を示すための素晴らしい方法です。そして、関心と関与を高めるためにデザインされた測定基準ダッシュボードこそが、エンゲージメントを高める方法であると考えます。

カスタマーエンゲージメントを高めるためのユーザーフィードバック

どのようなアプリケーションにおいても、継続的なユーザーフィードバックは重要です。Luzern社はSisense BloXを活用して、カスタム入力フォームを通じてユーザーからのフィードバックを得て、カスタマイズされたデザインのサマリーメールをBIチームに送信しています。

 

ステップ1:Sisense BloXフォームの構築

ステップ2: Zapierを使ってSisense BloXフォームをGoogle Sheetsに接続する

ステップ3:Zapierからメール(カスタマイズされたメールのためにHTML形式で追加)をキックオフする

Sisense BloX ウィジェットを親アプリケーションに埋め込む

Luzern社は、新しく更新されたプラットフォームで、分析と業務の境界線を無くすことで、アナリティクスがより大きな施策の方向性を決定づける環境を構築しようとしています。。この目標をさらにサポートするために、彼らはSisense BloXウィジェットをスタンドアローンのアプリ要素として組み込み、デザインの美しさや要件に合わせて完全にカスタマイズされた環境を構築しています。

Sisense BloXによって、私のチームは「フルサークル」のデータ体験を構築するために必要な機能を手に入れました。BloXは、Eコマース業界のワークフローと意思決定を合理化する追加の分析機能を備えています。

-Patrick Sherlock(Luzern社、最高製品責任者)

まとめ

Luzern社は、Sisenseの分析・可視化エンジンをベースにした分析ダッシュボードやオファリングを顧客に提供しています。それに加え、Sisense BloXを活用して、従来の分析ウィジェットとアプリのようなウィジェットを組み合わせ、ダッシュボードを意味のあるボードに変えています。これにより、エンドユーザーは、非常にインタラクティブで、最も関連性の高いインサイトを見ることができ、関連するデータポイントにドリルダウンし、データに基づいた行動をとることができます。

 

※本記事は、「Luzern Drives Customer Engagement and Stickiness with Sisense BloX」を翻訳・加筆修正したものです。

 

Whatagraph_banner1

 

monday_banner

 

Powtoon_banner

 

BUY On HUBSPOT