Sisense日本公式ブログ

「Infused Analytics」全く新しい第三世代BIツール

最新記事

カテゴリータグ
マーケティングチーム
By
2021年08月30日

金融機関向けソフトウェア会社Orion社の業績が倍増

Double exposure of businessman shows modern technology as concept

Orion社は、アドバイザー向けポートフォリオ・アカウンティングSaaSのリーディングカンパニーです。950社以上の顧客が150万件のアカウント、総額約3,750億ドルの資産を管理しています。その責任の重さは相当なものでしょう。パワフルで信頼性が高く、正確なBIツールを必要としていたのも頷けます。

 

問題は、私たちが彼らに会ったとき、彼らは月末の数週間後に古いニュースを提供する静的なレポートソリューションを使用していたことでした。一方、彼らの顧客は事前に構成されたダイナミックなダッシュボードを望んでいました。BIエキスパートであるマリンダ・ジェプセン氏は、Sisenseに切り替えることで、これらすべてを提供できるようになり、同時に売上高も2倍になりました。

課題:古くて静的なレポート

Orion社のプラットフォームは、顧客の投資に関するデータを収集・分析し、企業が全体的なパフォーマンスを確認したり、ビジネス戦略における強みや弱みを特定したりすることを可能にします。手作業で作成されたレポートプラットフォームは、柔軟性があり、カスタマイズも可能ですが、時間がかかり、各顧客のレポートを作成した時には、すでに古くなっていました。さらに、データは静的なものなので、お客様は詳細や背景を確認することができませんでした。そして、彼らはヘッドラインの数字だけを見て、全体のパフォーマンスを把握していました。何らかの方法でこれを分析しようとすると、特別なデータクエリを要求しなければなりませんでした。

 

同社はビジネス指標からビジネスインテリジェンスへと移行する必要がありました。同社の顧客は、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うために、より優れたビジュアライゼーションを備え、正確な最新データに直接アクセスできるプラットフォームを必要としていました。しかし、51テラバイトものデータを処理しなければならず、粒度を犠牲にすることなくこのボリュームを処理できるBIツールを見つけることは容易ではありませんでした。

 

Orion社は、APIにExcelインターフェースを統合することでコンセプトの検証を行いましたが、顧客はダッシュボードの構築が複雑すぎると感じていましたし、データから何を得たいのかをまだ理解していませんでした。そのため、すぐに導入でき、ITの専門知識を持つユーザーだけでなく、すべてのユーザーがアクセスできるソリューションが必要だったのです。

 

調査

独自のソリューションを構築しようとした後、5つの異なるBIソリューションをテストした結果、OrionはSisenseを選びました。

 

マリンダ氏もCEOのエリック・クラーク氏も、製品のルック&フィール、そしてその圧倒的な使いやすさとレスポンスの良さを気に入った。さらに、コンセプトの段階から最終製品が使えるようになるまで、わずか2ヶ月で完了したことにも驚いたという。

 

"Sisenseの使い勝手の良さと、データソースを素早く簡単にまとめることができることが、導入のスピードにつながっていると思います。"

インタラクティブな組み込み型アナリティクス

彼らの顧客は、あらかじめ設定されたダッシュボードと、データを探索したり詳細に掘り下げたりできるインタラクティブな機能を求めていました。幸運なことに、Sisenseはこの問題に完璧に対応しており、BIツールを自社製品に組み込み、自社のプラットフォームの一部として顧客に提供することができました。

 

マリンダ氏によると、現在ではアドバイザーはビジネスのトレンドを監視し、詳細にズームアップして、運用資産(AUM)の経年変化、月/年/四半期ごとの新規口座開設、取引タイプ、トップパフォーマー、キャッシュフロー、人口統計学的傾向などの質問に対応できるようになったと述べています。SisenseのElasticube機能は、実際に使用しているデータ量のクリーンアップ、ストリップバック、シンプル化に役立ち、SQLサーバーを詰まらせていた500GBのデータを半分以下に減らすことができました。

プロジェクトの成功

このプロジェクトは大成功を収めました。Orion社の顧客の98%がすでに新しいツールを採用し、使いやすいと言っています。200GBのSisense Elasticubeを利用している各地の2,000人近いユーザーが、今ではダッシュボード・ビューを利用しています。さらにOrion社では、ロールアウト後にビジネスが約2倍になりました。

 

Orion社の顧客は、月次報告書の要約された数字がどのようにして到達したのか説明できなかったのが、データをソースまでさかのぼって正確に把握できるようになりました。エンドユーザーは、驚きの事実を調べて説明することができ、貴重な洞察を得ることができます。

 

"カスタマーサポートチームが気に入っているのは、データにアクセスして、何のデータなのか、どうやって回答を得たのかを正確に把握できるからです。細かくドリルダウンすることができるので、彼らには最適です。"
※本記事は、「Financial Advisory Software Firm Orion Sees Business Double」を翻訳・加筆修正したものです。

Whatagraph_banner1

 

monday_banner

 

Powtoon_banner

 

BUY On HUBSPOT